ローリングボールテスト
粘着テープは、チーターのスピードより速い?!   初期粘着力が鍵。

粘着テープは、チーターのスピードより速い?!   初期粘着力が鍵。

糊とテープについて学びだすと、まずは凝集力と粘着力に突き当たります。 この2つとは対照的に、初期粘着力(初期タック)は、ミステリアスでありながら、他の2つと同様に粘着テープにとって不可欠な要素と言っていいでしょう。



Tags: tack, Tack

初期粘着力は感圧粘着テープの特性の一つです。 粘着力(表面に貼り付く力)と凝集性(内部の結合力)に加えて、初期粘着力は、粘着剤を構成する3つ目の力と言えるものです。

初期粘着力が高い糊・粘着剤: 初期粘着力が高いとは?

ローリングボールテスト: 即効性は、テープの粘着面上に金属ボールを転がすことで計測されます。 ボールの転がる距離が短いほど、即効性が高いと言えます。
ローリングボールテスト: 即効性は、テープの粘着面上に金属ボールを転がすことで計測されます。 ボールの転がる距離が短いほど、即効性が高いと言えます。

少し圧力を加えて一瞬接触させるだけで、2つの物体がくっつきます。 粘着剤と被着体を最小限の圧力で短い時間接触させるだけで、高い接着を実現する場合を、初期粘着力が高いと言います。

高い初期粘着力が求められる場面は数多くあり、それに合わせて高い初期粘着力を備えた粘着剤がいくつも開発されています。その代表例は、天然ゴム系粘着剤アクリル系粘着剤です。

global.read_more

スプライシングに必要な初期粘着力

初期粘着力は、製紙・印刷産業のスプライシング(原反つなぎ)を行う上で非常に重要です。 製紙工場では、分速最大1900 mのスピードで巨大なロールから原紙が送り出されます。 そして、1本の原反ロールが使い終わる直前には、装置の稼働を止めずに、新しい原反ロールの先端を古い原反ロールの末端に接合しなければなりません。 つまり、装置が動いている間にロールを交換することになります。これを可能にするために、高い初期粘着力が不可欠なのです。 使用が終わるロールの最後の部分は新しいロールの最初の部分に接合・繋がれます。 接着のために許された時間は非常に短く、 今日では、たった1本の特殊な当社のスプライス専用の粘着テープが、高速で稼働中の装置でのロール交換を可能にしています。 ロールの最高時速は、115 km/hrにもなるものがあり、地上最速のチーターのスピードに匹敵します。

初期タック、凝集力、粘着力のバランスが用途を決定
初期タック、凝集力、粘着力のバランスが用途を決定