シリコンテープのご紹介

シリコンテープ? それともシリコーンテープ? どちらが正しいのでしょうか?



シリコンとは、元素記号Siで表される金属ケイ素そのものです。これに対して、シリコーンとは、シリコン(ケイ素)と酸素からできている珪石(英文名silica stone)から作られる化合物(例えばシリコーンゴムなど)のことです。一般的には、両者が混同して使用されており、今回のシリコンテープも、正しくはシリコーンテープになります。そこでシリコーンテープというと弊社では二つの製品に分類されます。

シリコーン粘着剤を採用した「高耐熱マスキングテープ」
シリコーン粘着剤を塗布した片面テープ類で、シリコーンの特性である高耐熱性を生かしたマスキングテープとして利用されたりします。

[主な特徴]
・良好な作業性(基材に腰があって貼りやすい)
・高耐熱(220℃x30分可)
・剥がす際にはテープも切れず、糊残りもありません

[主な用途]
・粉体塗装時のマスキングに最適
・PETセパレーター付製品もあります

補修テープの一つである「自己融着テープ」
補修テープの一つである4600エクストリームはシリコーンゴム製の自己融着テープです。

[主な特徴]
・重ねることでテープ自体が互いに融着
・粘着剤を使用していないため、水の中でも使用可能
・柔軟性が高く、多様な被着面に使用可能
・電気絶縁性に優れています。UL510認証品
・耐熱性 1 耐寒性 1 耐候性に優れています
・糊残りしないため仮固定に適します

[主な用途]
・高温になるワイヤーやケーブルの絶縁や保護
・金属製パイプや水回り配管の保護
・各種塗装面へのマスキング(粉体塗装、溶剤塗装、Eコート、陽極処理、メッキ処理など)
・自動車のワイヤーハーネスの絶縁 1 保護 1 結束やリペア作業。エンジン周りのシーリング
・海洋部品の結束、固定、保護


シリコーンテープ(シリコンテープ)関連製品はこちらから

→高耐熱ポリイミド基材マスキングテープ/茶色/シリコーン粘着剤 tesa® 51408
製品情報については、お手数ですが、ウェブ経由でお問い合わせ頂くか、弊社担当営業あるいは弊社代理店様を通じてお問い合わせください。

→PET基材マスキングテープ/緑色/シリコーン粘着剤 tesa® 50600
→PET基材マスキングテ―プ/青色/シリコーン粘着剤 tesa® 50650
→PET基材マスキングテープ/透明/PET基材/シリコーン粘着剤 tesa® 50680

→シリコーンゴム製/自己融着テープ tesa® 4600 エクストリーム

 

更に読む

当社について

私たちテサテープは、信頼性に優れた粘着テープによるソリューションと質の高いサービスで、様々な産業で活躍する企業の皆様をプロセスの最適化と製品改良を通じてサポートしています。また、プロの職人の方々が効率よく質の高い仕事ができるように、 あるいは、一般の消費者の方々が、家庭、オフィス、趣味のDIYでより簡単にそして楽しく作業できるような製品をお届けしています。

シリコーンテープ(シリコンテープ)に関するお問い合わせ・ご相談は以下よりお気軽にご連絡ください。

更に読む