図 - 運送業界
鉄道車両火災予防対策でACXplus 7072が使用認定を取得。

鉄道車両火災予防対策でACXplus 7072が使用認定を取得。

SBF有限会社(GmbH)はtesa® ACXplus 7072を使用して、効率的で安全な照明モジュールの組み付けを行っています。このテープは、DIN EN 45545で規定された鉄道車両における火災予防対策として「アルミ・テープ・アルミ」の複合デザインとしての使用が認定されています。



革新的なデザイン

光は命。これは、鉄道車両用の天井、壁、フロントエンド照明システムを提供する SBF有限会社(GmbH)の企業哲学です。しかし、照明は安全性、デザイン、エネルギー消費も意味します。今日では、 LED技術が明らかに市場を制覇しています。デザインと操業コストに関する柔軟性がこれにより開かれました。より繊細でエレガントなデザインを実現するため、SBFは今日では組み立て時には粘着テープに頼っています。

tesa® ACXplus 7072は今や認証済の火災予防手段

ライプチッヒにベースのあるこの会社は全種類の鉄道車両を最新式LED技術で装備します。効率良い組み立てと認証済の火災予防が粘着テープの利用によって可能になりました: tesa® ACXplus 7072.SBF: 「火災予防は鉄道車両工業界のサプライヤーには重要なテーマです。殆ど全てのプロジェクトが現在はDIN EN 45545に従ったこの対策を要求し、認可済の火災予防素材使用が義務付けられています」。テサとSBFは共同で様々な検査と試験を実施し、tesa® ACXplus 7072粘着テープが現在の建築設計に適応するという究極的な確信を得ました。このソリューションはアルミニウム-粘着テープ-アルミニウムのサンドイッチ構造にすることでDIN EN 45545の要件を満たしていることが証明され、この方法が大規模な生産への適用に採用されました。

より柔軟な生産

高性能両面粘着テープは液体接着剤の使用に比べた場合、製造過程を顕著に改善するという付加価値を企業に提供します。このソリューションは、保管の問題もなく、取り扱いが簡単なため、生産プロセスにスムーズに組み込むことができます。粘着テープを使用すれば硬化時間の必要がありません。その上、テープは粘着剤の糊残りや糊のしみ出しを防ぎ、そのために仕上がり品質を損なうことがありません。 

仮固定としての粘着テ―プ

両面アクリルフォーム基材テープ、ACXplus 7072はスペ―サ―、また仮固定ソリューションとして利用されます。テサがSBFに選ばれた理由は、特殊な取り付けソリューションのためです。この会社では、様々な熱膨張率の素材を使用しなければなりません。この粘着テープは、固定する二つの異なる熱膨張率の素材が原因で発生する応力をうまく緩和してくれます。

R3とHL3

SBFはテサ製品を他の用途にも使用し大きな成功を収めた経験をもっています。SBF: 「以前、当社には、 R3とHL3クラスの要求に対応するtesa® ACXplus 7072のような製品がありませんでした。組み立て過程で良い評価と経験が得られたので、現在は次の新しい用途についても検討中です。高度な適用性とプロセスの信頼性が要求される車両室内での類似した用途にこのテープを使用するテストで良好な結果を示しています」。

global.read_more

tesa® ACXプラス7072をテスト