ウェアラブル技術とテサのテープ– スマートウォッチ編

ウェアラブル技術の市場が世界的規模で成長するつれ、未来型ウェアラブルデバイスの設計と生産においてtesa® 612xxシリーズの耐薬品性、耐衝撃性にすぐれた製品の果たす役割がますます重要になっています。



小さな粘着面積、大きな成果: フィットネス・トラッカーに使用されるダイカットは、日除けや石鹸などを含む様々な物質に晒される時、それに対して耐性が無ければなりません。 . テサの製品範囲には、現在厚さ50から250マイクロメートルまでの4種類の両面粘着テープが含まれています。
フィットネス・トラッカー とtesa® 612xx die-cuts

当社は、ウェアラブル機器メーカーとの緊密な連携に基づき、ウェアラブル技術が要求する仕様を満たした粘着テープを提供しています。

ウェアラブル装置の市場が拡大を続け、価格もますます入手しやすいレベルになっており、 この新しいパーソナル技術のトレンドが消費者の注目をますます集めています。フィットネス・トラッカー 、スマート・ウォッチからスマートメガネやVRゴーグルに至るまで、ウェアラブル技術のカテゴリーは技術産業界で一番ホットな話題でしょう。このような無限の可能性を秘めたウェアラブル製品はスマートフォン以来の大きなブームとなるかもしれません。時間ガ経てば分かることですが、あなたの手首や顔、文字通り体のあらゆる場所に装着されるデバイスの市場は、この先2、3年の間にハイスピードで拡大することが予測されています。そしてテサはこの刺激的な技術革新のなかで大変重要な役割を担う事になると考えています。

更に読む

二けた成長が見込まれる全世界で話題沸騰中のデバイス

国際的な会計監査法人、プライスウォーターハウスクーパース (PwC)が行った分析によると、ウェアラブル製品の世界市場は2015年には63億ユーロでしたが、2018年まで毎年平均21パーセントの成長が見込まれるとのことです。ドイツ電子機器業界団体、 Bitkomは欧州市場では24パーセントの年間成長率が期待でき、2018年には88億ユ―ロに達するだろうとしています。 一方PwCの予測はより楽観的で、現時点から2018年までの欧州市場の成長は、年間平均25.2パーセントと予測しています。この先数年はスマート・ウォッチがウェアラブル製品総収益の主流に留まるとの予想ですが、非常に多くのその他カテゴリーのウェアラブル製品にも消費者獲得の潜在的可能性があるでしょう。そのなかには、VRゴーグル、スマート服やスマートジュエリー、あるいはインプラント製品などがあげられています。

汗と日除け止めクリームに強い

スマート・ウォッチのカバー(レンズ) はケージングに最高の精密さで、製造課程中に貼り付けることが必要です。このテープ(赤) は、広範な要求を満たし、高度粘着性、耐衝撃性、化学物質への耐性を備えていなければなりません。
tesa® die-cutでスマート・ウォッチのレンズ固定

ウェアラブル製品は常に動的環境にあるので、内装および外装部品に使用される粘着テープは高い粘着力と耐衝撃性を備えていなければなりません。また、ウェアラブル装置は、直接身体に接触しますので、耐水性だけでなく、使用されるテープは汗、香水、日除け止めクリーム、虫よけスプレー、石鹸など様々な生物的、化学的物質に晒されます。テープは直接肌に接しないとはいえ、この様な物質の中には腐食をもたらす成分含まれており、僅かな隙間からウェアラブル装置内に入り込み、粘着力を落とす可能性も考えられます。この耐薬品性の要求仕様を満足しているのが、 tesa® 612xx高性能テープで、厚さは、50から300μmまでの6種類が容易されています。

ウェアラブル製品の世界的リーダー企業と協力

スマート・ウォッチのハウジングには、粘着テープを使用して接着されている、多数の超繊細電子部品が含まれています。テサは様々な薄さのハイテクテープをハンブルクのハウスブルッフ工場内にあるクリーンルームで生産しています。
tesa® die-cutsでスマート・ウォッチのセンサーを固定

当社がスマートウォッチ関連でフォーカスしているは、フロントカバー(レンズの固定)と、ハウジング (バックカバーの固定)を隙間なくしっかり取り付ける用途です。もうひとつは、いろいろな身体機能の計測のために使用される繊細なセンサーをデバイスにしっかりと固定する用途です。「テサでは、およそ3年前に電気・電子業界のグローバルプレーヤーとの協力関係を築き、この2つの用途にフォーカスして革新的な粘着テープの開発に取り組んできました」とテサのCEO、ロバート・ゲレケ博士は述懐します。「あの創世記からの密接な協力関係のお陰で、今では複数のメーカーおよびサプライヤー様に部品固定に必要とされる特別な要求仕様を満足した専用テープを供給することが可能になったのです」。 

ウェアラブル技術が広範に受け入れられるためには、その装置は視覚的にも魅力的で、また十分に頑丈でいろいろな要素に対する耐久性が無ければなりません。これを可能ならしめたのが当社の開発しあた両面テープなのです。パーソナル電子機器の絶え間ない進化と成長に合わせて、当社もこのビジネスのユニークなニーズをサポートしていきたいと思っています。

製品情報

tesa® 61215

Specifications
PETフィルム
特殊
150 µm
50 %

tesa® 61250

Specifications
PETフィルム
特殊
50 µm
50 %

このテーマに関連する詳細情報