衝撃耐性

粘着テープがスマートフォンのなかでの衝撃吸収する仕組み



今日、スマートフォンやタブレットの多くの部品は粘着テープによって接着されています。 テープに求められる性質はその用途によって異なります。

数ある用途の中で最も難しいものは、レンズとタッチパネルの取り付けです。 最近はスマートフォンの画面にほぼ角がなく、タッチパネルの面積を最大限に広げるようなデザインが流行しています。
その結果、レンズとタッチパネルの接着領域は狭まることになりました。 しかし、接着領域が狭まったからといって、テープに求められる要求が低くなるわけではありません。テープの衝撃耐性は特に重要視されています。 スマートフォンが落下した場合、テープは突如として加えられる衝撃に耐えなければなりません。

global.read_more
落下するスマートフォン
落下するスマートフォン

                        

一般的に衝撃耐性とは、ある電子機器が落下時に生じる機械的衝撃にどの程度耐えられるかを示すものです。

衝撃耐性の試験を行う際は、テープが継続的なストレスにさらされる場合と突発的な衝撃にさらされる場合とで異なる耐性を示すことに注意する必要があります。

global.read_more

また、スマートフォンがどのように地面に落ちてしまうのか、予想がつきません:

衝撃耐性試験の対象となる様々な角度
衝撃耐性試験の対象となる様々な角度

以上の理由から、当社は様々な角度から衝撃耐性を調べています。 当社はアプリケーション・ソリューション・センターおよび研究開発部にて、所定のサンプルを用いた標準的な実験室試験の方法を考案しました。

デュポン式試験
デュポン式試験

さらに、当社のテストには「リアル・ライフ」を設定し、実際にいろいろな条件でスマートフォンを落とす最終テストが含まれます:

現実的な条件下で行う、実機を使った試験
現実的な条件下で行う、実機を使った試験

テープの衝撃耐性がいかに重要かを示すために、当社は衝撃耐性を持つテープで組み立てられたスマートフォンと、 衝撃耐性を持たないテープで組み立てられたスマートフォンの両方を試験しました。
結果は次の通りです:

外れたカバーレンズ
外れたカバーレンズ

                        

突発的な衝撃が加わった場合、衝撃耐性を持たないテープはカバーレンズを保持できないことがありました。つまり、カバーレンズはスマートフォンから外れてしまいました。

global.read_more
壊れたカバーレンズ
壊れたカバーレンズ

                        

                        

また、衝撃耐性がないと、カバーレンズが壊れる確率が高まるという結果が出ています。

global.read_more
耐衝撃性スマートフォン
耐衝撃性スマートフォン

                        

衝撃耐性を持つテープの試験結果は、上記の試験結果とは対照的なものでした:

衝撃耐性を持つテープは機械的衝撃に強く、カバーレンズの位置に変化はありませんでした。 さらに、テープはカバーレンズの損傷防止にも寄与しました。

                        

global.read_more

当社は喜んでお客様のデバイスや基板の試験を行わせて頂きます: アプリケーションエンジニアや研究開発スタッフが個別のプロジェクトサポートを提供します。 当社のアプリケーション・ソリューション・センターに所属する技術スタッフは現地サポートを提供し、お客様の用途を実験室条件下で評価します。

お客様の製品開発プロセスを総合的にサポートすることは、私たちの重要な役目の一つです。 当社はお客様やお客様のサプライヤーを第一に考え、意見に耳を傾けると同時に、最適なサービスを提供します。 電子機器用テープに関する当社のノウハウは、お客様への的確なサポートや、用途に合った粘着テープソリューションの選択を可能にします。 当社はスマートフォンやタブレット、その他の電子機器の用途に特化した粘着テープの提供を可能にするため、電化製品業界の最新テクノロジーに関する情報を敏感に把握しています。

global.read_more

フィルターを表示

tesa® 66826

Specifications
PEフォーム
240 %
300 µm
アクリル系

tesa® 66828

Specifications
PEフォーム
325 %
400 µm
アクリル系

tesa® 66822

Specifications
PEフォーム
190 %
150 µm
アクリル系

tesa® 66824

Specifications
PEフォーム
190 %
200 µm
アクリル系

tesa® 66825

Specifications
PEフォーム
220 %
250 µm
アクリル系

tesa® 75325

Specifications
PET補強アクリルコア
90 %
250 µm
変性アクリル

tesa® 75330

Specifications
PET補強アクリルコア
90 %
300 µm
変性アクリル

tesa® 75320

Specifications
PET補強アクリルコア
90 %
200 µm
変性アクリル