両面テープ
両面テープの利点

両面テープの利点

両面テープの使用には、多くの利点があります。 例えば、デザインの自由度、高い接着力、組み立て時間の短縮などが挙げられます。



住宅・建材業界での両面テープの優位性

両面テープの使用には、多くの利点があります。 自由なデザインやクリーンな作業環境などはその代表的な例です。 しかし、両面テープのメリットは、他の組立工法と比較するとその差がより鮮明になります。

当社では、工法別の長所と短所が一目瞭然でわかる評価システムを開発し、両面テープ、接着剤、そして機械的接合を比較してみました。

透明性を確保するため、当社ではこれら三指標(クオリティ、組み立て、デザイン)をさらに細分化し、組み立て工程の際に重要なのは何かを明確にしました。

read more

粘着力

各評価基準の重要性は、その用途によって変わります。 そのため、粘着力の評価基準は用途に合わて設定する必要があります。

当社は以下のような粘着力の評価基準を設けています:

  • 平滑でない面への順応性
  • 応力の緩和と負荷の軽減
  • 衝撃吸収性能
  • 耐腐食性
  • シーリング機能
  • 防音・吸音性能
read more

粘着力の評価項目

不規則または不均一な表面の報酬 – 接合面間のギャップが解消されています
応力を緩和し、負荷を軽減する特性 – 機械的接合では、接点が1箇所しかないと破損の原因になります
衝撃吸収性能
シーリング機能 – 粘着テープには密封機能、ホコリや湿気に対する保護機能があります
防音・吸音性能 -  振動によって引き起こされる騒音が解消されます
両面テープ

+++

++++

++++

++++

++++

++++

接着剤

++++

++

++

++++

++++

+++

機械的接合

+

+

++

+

++

+

組み立て工程

加工や組み立てに両面テープを使うことで、作業環境がクリーンで健康的なものに変えることができます。

当社は以下のような組み立て工程に関する評価基準を設けています:

  • 使用にかかる時間
  • クリーンで健康的な製造プロセス
read more

組み立て工程に関する評価項目

 – 硬化時間の削減と作業の簡単さ
健康的な作業環境とな製造現場
両面テープ

4

4

接着剤

1

2

機械的接合

2

2

デザインの自由度

デザインの自由度減らすような取り付け工法は、好ましくありません。固定方法を評価する際は、デザイン性という項目が大変重要な基準となります。

当社は以下のようなデザイン評価基準を設けています:

  • 仕上がりの美しさ
  • 固定方法が目立つか否か
read more

デザイン性の評価基準

仕上がりの美しさ –素材の損傷を回避
目立たない固定 – 透明な素材の取り付け
両面テープ

++++

++++

接着剤

+++

+++

機械的接合

+

+

概要

平らでない面への順応性
緊張を中和し、負荷を軽減する特性
負荷の軽減
腐食リスクの軽減
シーリング機能
遮音性
使用の簡易性
健康的な作業環境とキレイな製造現場
仕上がりの美しさ
目立たない接着
平らでない面への順応性
緊張を中和し、負荷を軽減する特性
負荷の軽減
腐食リスクの軽減
シーリング機能
遮音性
使用の簡易性
健康的な作業環境とキレイな製造現場
仕上がりの美しさ
目立たない接着