組み立てや輸送、設置などの場面で、粘着テープが表面を保護します。
ブランド保護

ブランド保護

テープがブランドを守るとは? 「ブランドの保護は、テープにおまかせ。」をご覧下さい。



ブランドの保護は、テープにおまかせ。

激しい競争が繰り広げられるエンドユーザー市場では、ブランディングが成功に不可欠です。 多くの企業や個人事業主が、ポジティブなブランドイメージを形成・維持するために、多大な時間と資金を費やしています。 電化製品メーカーやサプライヤーは、カスタマーエクスペリエンスの総合的な向上を通じて消費者のハートを掴み、それによってビジネスの拡大を目指しています。 電化製品分野において、カスタマーエクスペリエンスを評価する基準は、製品のパフォーマンス、機能、美しさ、そして購入後のサービスなど、数多く存在します。 意外に感じられるかもしれませんが、実は適切な粘着テープテクノロジーの選択が、家庭および産業向けの電化製品のカスタマーエクスペリエンスを高め、ブランドイメージを高める上で決定的な役割を果たします。 実際に、粘着テープがブランドイメージの向上に寄与する4つの理由を見てみましょう:

理由1: 第一印象

店舗で陳列される際、電化製品はもちろん無傷の状態でなければなりません。 これを実現するために、多くの製造業者は、さまざまな梱包用テープを使用して、製品の内側と外側を保護しています。 具体的には、特殊な表面保護テープが本体パネル、開閉部、調理コンロ、装飾ガラスなどの表面を傷や摩擦から守っています。

ここで正しい粘着テープが使われていれば、購入者は製品を家まで運んだ後、簡単にテープをはがして、製品を使うことができます。 同様に、正しいテープの選択は、輸送中に製品のコンポーネントを固定し、美しさが損なわれることを防ぎます。

更に読む

理由2: 美しさ

当社の製品は、業務用電化製品の生産性を向上すると同時に、製品の全体的な質も高めます。
当社の製品は、業務用電化製品の生産性を向上すると同時に、製品の全体的な質も高めます。

今日、電化製品には、家事を助ける道具以上の役割が求められるようになりました。 多くの場合、電化製品は住宅や施設を飾る装飾品としての機能も果たすため、スタイルやデザイン、色が重要視されています。 粘着テープは、これまでも製品の外観を向上する上で、大きな役割を果たしてきました。

接着剤、機械的固定、リベットなどの代わりに粘着テープを使うことで、ネジや溶接部、接着剤によって見た目が損なわれることを避けることができます。 その結果、美しいパネルや輪郭、洗練されたデザインの製品ができるようになりました。

更に読む

理由3: 理想的な構造接着

業務用冷凍庫におけるテープの使用
業務用冷凍庫におけるテープの使用

ブランドのイメージは、製品やサービスの良さによって形づくられます。家電および店舗用電化製品を開発・製造する際、粘着テープには他の接合方法にはない利点があります。

機械的接合は、構造接着に適しているように見えますが、限界があります。 機械的接合をするためには、製造工程を改造し、専用の工具を用意しなければなりません。 また、製品が組立工程を通過し、最終的に一般消費者に届くまでに幾度となく輸送が繰り返されますが、その間に衝撃で金具が弛み、故障などの原因になる可能性があります。

さらに、輸送時は、製品がさまざまな気候条件(温度、湿気など)にさらされます。それにより、材料が膨張したり、収縮したりするので、接続部がその変化に対応できることも重要です。

素材の膨張には、適切な工業用の両面テープを使うことで、うまく対応することができます。このテープは、優れた粘弾性を備えており、素材の膨張や収縮に順応できます。

更に読む

理由4: デザインの柔軟性

高度なダイカット
高度なダイカット

デザインやスタイルの洗練に伴い、デザインエンジニアは、使い勝手や加工のしやすい素材を求めるようになりました。 ここで粘着テープが活躍します。粘着テープの形や大きさは自由に変えられるので、被着体の形を問いません。 現在、粘着テープは、タッチパネル、ブランドの銘板、繊細な電子部品などの接着・固定に使われています。 デザインの柔軟性という点で、粘着テープに勝る接合方法はないと言えるのではないでしょうか。

ブランドの信頼性は、売上げに直接影響を与える要素であり、企業にとって非常に重要なテーマです。 プロダクトデザイン、組み立て、包装といった場面に限らず、粘着テープは製品の保護において重要な役割を果たし、結果として重要なブランドイメージを守ることに大変貢献していると言えるでしょう。

ダウンロード