ハンブルクのテサ・テクノロジーセンターで働く社員
工程開発

工程開発

未来を見据えた最先端の工程開発。



工程開発プロジェクトの中の作業のひとつであるデザインコントロールプロセスと呼ばれる工程では、テサの生産エンジニアと技術・工程開発者が協力して作業します。 初期段階の新製品の評価サンプルをお客様の各開発研究室向けに用意する際は、柔軟性に優れたパイロットシステム(試作品生産ライン)が活躍します。

最先端の工程技術

将来に向けた最先端の工程
将来に向けた最先端の工程

また、最先端の工程技術を開発する際は、生産工場と緊密に連携することで、新製品の生産効率、環境性能と品質を高めています。


社員が持つ多種多様な能力は、粘着テープの生産に必要なノウハウの根幹を成しています。 ノウハウにはコーティング技術、混合・重合技術、押し出し加工技術、物理的前処理技術、加工技術などが含まれます。


機械・装置の製造業者、大学・研究所との緊密な協力関係もアイデアを素早く製品化するための鍵となっています。

read more

無溶剤の生産工程

この工程でテサが最も重視しているのは、溶剤の使用量削減です。工程開発部がこの目標を達成する上で最も大事な役割を担っています。